静岡障害者自立生活センター   NPO法人ひまわり事業団 本文へジャンプ
HOME
  静岡県に差別禁止条例を  つくろう!(特設ページ)
 自立生活プログラム
 ピアカウンセリング
 介助派遣サービスひだまり
 就労継続支援B型
 それいゆ
 放課後等デイサービス
 らるく
 相談支援事業
 ピアサポート
 自立体験室
 生活介護
 それいゆ
 グループホーム
 なな〜ら
 スタッフ紹介!
 追悼 渡辺正直
 ACCESS
 
 

 私たちの願い 私たちの活動  私たちの歩み 

どんなに重い障害があっても
地域で共に生きる社会を目指して
私たちは、障害者が地域で自分らしく暮らすことを支援します。
私たちは、障害者の主体性を尊重します。
私たちは、障害者の権利を護ります。
私たちは、ノーマライゼーションの実現に向けて社会を変革します。
                              (活動綱領より)

 私たちの願い
「どんな重度な障害を持っていても、地域であたりまえに暮らしたい・・・」
そんな願いのもとに、静岡障害者自立生活センターは1979年、障害をもつ当事者自身により静岡の地に設立されました。誰もが共に生き、共に働き、共に生きることのできる社会・・・静岡をそんな素敵な町にしていくことが、私たちの活動の目的です。

↑このページのトップへ

 私たちの活動
静岡障害者自立生活センターは、障害をもつ人の地域における自立や権利を守るためのさまざまな活動を展開しております。
障害当事者自身がサービスを提供する主体となり、自らがロールモデルとなって、自立生活プログラム(ILP)やピアカウンセリングといった手法を使い、自立を目指す障害者たちのエンパワメントをお手伝いいたします。


〈自立生活センター(CIL)とは…〉

施設や親の保護の元、限られた人間関係の中で長い間、生活をしてきた障害者が、地域で自立生活を始めるためには、さまざまなサポートが必要です。そうしたサポートを、同じ経験や知識を持つ障害者自身が提供していくのが自立生活センターです。
自立生活センターは、運営委員の過半数と実施責任者が障害者であること、障害種別をこえてサービスを提供することが基本です。
自立生活センターは、1970年代にアメリカで起こった障害者の自立生活運動の拠点として、カリフォルニア州バークレーに設立されました。日本でも1990年代に伝わり、現在すでに全国120か所以上に広がっています。









↑このページのトップへ

私たちの歩み
1978年3月  ひまわり共同販売所設立、「共に生きる場を求めて」をスローガンに活動をスタート
  1979年4月  ひまわり寮・豊田障害者生活センターとして再出発
  1981年6月   ひまわり労働センター設立。済生会病院駐車場管理、廃品回収、車いすによる行商や「どろんこ市」バザー等を通じて障害者と健常者が共に働く職場づくりに取り組む。
 1984年4月  静岡障害者自立生活センター設立。日本の自立生活センターのさきがけとなる。この後、ホットハート静岡、富士見作業所など次々と新たな拠点作りに取り組む。
 1990年4月  「ひまわりグループ」の各運動体が終結して静岡障害者雇用事業団を設立。
 2002年9月   NPO法人介助派遣サービスひだまりを設立。介助派遣事業に加え、生活寮やグループホームなど障害者の地域生活支援に取り組む。
 2003年11月  これまでの活動を統合しNPO法人ひまわり事業団として共生社会の実現を目標に今日まで事業を展開している。